現在多くのスマホを利用した副業が存在していますが、実はそれら副業は、元々はスマホが初ではない副業が主です。ここでは、スマホ化に主体が移った副業について解説をしていきます。

まず、アンケートサイトについては、元々の主体はパソコンが主体でスマホが登場したとともにアンケートをさらに幅広く集計することが出来るようにすべく多くのアンケートサイトはスマホに対応させたりスマホ専用アプリを開発したりしています。マクロミルなどのアンケートサイトが正にスマホアプリを作ったりと様々な取り組みをしています。

次にネットショップも、元々はヤフーや楽天アマゾンなどはスマホから注文をすることで商品を購入できるというプログラムではなく、パソコンから注文することで商品を届けるというシステムでしたが、現在ではスマホが普及したが故2020年現在においては各社アプリを発表しスマホに対応したネットショップとして運営されています。

これは、個人のネットショップも同様にスマホからの購入を想定してインターフェース群をスマホに特化させることで対応しています。このようにスマホで出来ることが増えたが故、副業に利用するハードウェアもパソコンからスマホに移行したが故、現在ではほぼすべてのパソコンで可能で合った副業がスマホで出来るようになったのです。

では、スマホで出来ることはパソコンと同じであるかについてですが、これについては結論としては同じですが、問題はパソコンで出来る仕事をスマホで行う場合、場所を選ばずに仕事をすることが出来るというのがスマホで副業をすることが爆発的に増えた要因です。

何故なら、パソコンを一日中稼働させる場合と、スマホを稼働させる場合では、スマホを稼働させている方が長い上、その理由はスマホのほうがパソコンよりも多機能になってきているためです。これはスマホで映画を見たりアニメを見る等のサービスの利用をパソコンに変わり担えるくらいスマホ性能が上がっているためパソコンの稼働率が下がっているのです。

もちろんパソコンでしか担えない物もあり、ゲームの開発など大幅にパワーと快適にプログラミングすることが出来るインターフェースが揃っていないスマホでは担えない物がありますが、ちょっとしたプログラミングであればスマホからでも副業として成立するビジネスがありますので、パソコンに変わりプログラミングの仕事も今やスマホからできる時代になったのです。